トップ / 介護業界で派遣として働く

介護業界で派遣で働くメリット

介護職員には正職員からパートまで様々な就業形態がありますが、あまり知られていない就業形態として、派遣社員として介護業界で働くというものがあります。派遣社員の介護職員として働くことに関しては、様々なメリットもありますので大変おすすめの方法となっています。

介護業界で派遣社員として働く大きなメリットとして、パートや正社員としての就業よりも時給換算における給与が高くなることが挙げられます。介護業界はすぐに仕事を辞めてしまうような職員も多く、そういった職員の穴埋めをしなければならない施設側が時給を高めに設定して派遣社員を募集することから、正社員よりも時給単位で考えると賃金が高くなる場合があるのです。

時給が高くなる理由としては、施設側が介護保険法を遵守した運営をしていくためには、職員を一定数配置しなければいけないという条件があるということも関係しています。施設側としては、きちんと法令を遵守して施設を運営するために、なんとしてでも職員を呼ばなければいけないという状況になるために、派遣社員の時給が上がることとなるのです。

また、派遣社員の場合には就業できる時間や場所を自分で選択できることも、パートや正社員に比べて自由度が高く働きやすいことから大きなメリットとなっています。

例えば育児がひと段落してまた介護の仕事をしたいと考えている方であっても、最初からフルタイムで介護の仕事を行うのは体力的に厳しいことが多いと思います。そういった場合に、派遣社員として働いて短めの時間から働き始めることができるのは、スムーズな現場復帰を果たすためにも有用だといえますね。

働く場所に関しても、自分の都合や融通を利かせやすいのが派遣社員の強みであり、働く場所に縛られることなく介護の仕事をすることができるのはメリットが大きいといえるでしょう。