トップ / 派遣として働くデメリット

派遣社員として働くデメリット

このように様々なメリットがある派遣社員としての就業形態ではありますが、介護業界で派遣社員として働く場合には、残念ながらいくつかのデメリットが存在していることも押さえておく必要があります。

介護業界は人手不足であることが多く、どのような現場でも重用される派遣社員ではありますが、そのような立場にあぐらをかいてあまりにも不真面目な勤務態度を見せていると、いわゆる「派遣切り」という形で雇用契約を打ち切られてしまうことがあります。無断欠勤が続くなど、あまりにもひどい場合以外には当てはまらない事態ではありますが、こういったこともありうるということは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

また、派遣社員は基本的に「有期雇用契約」が前提となっている就業形態ですので、正社員はもちろんのこと、パートに比べても立場が相対的に弱いということは押さえておきましょう。雇用契約の期限が来て、その間に正社員やパートなどの形でその施設が人材を確保している場合には、派遣社員を雇う理由がなくなってしまいますので、そのまま契約終了ということも十分にありうるということは押さえておくべきだといえますね。

また、正社員に比べて時間あたりの時給は高くなることもある派遣社員ですが、正社員との大きな違いは、賞与がないということです。施設からボーナスをもらいたいと考えている方は、派遣社員で働くことはおすすめすることができません。

このように、派遣社員には様々な雇用契約上の制約がありますから、勤めている施設で出世していきたいと考えていたり、安定した給与と生活を得たいと考えている方にとっては不向きな就業形態だといえるでしょう。派遣社員のメリットとデメリットをしっかりと考えて、派遣社員が最適解なのかということはしっかり考えておきましょうね。